社会福祉法人乳児保護協会

伝統と経験をいかし、
児童が個人として尊重され、
心身ともに健やかに育つよう支援します。

協会の理念

伝統と経験をいかし、
児童が個人として尊重され、
心身ともに健やかに育つよう支援します。

設立経緯と理念

本協会は、1924年(大正13年)2月に黒川直胤・フシ夫妻によって創設されました。
夫妻は、熱心なキリスト教徒で、非行少女の保護と教育に当たっていましたが、 その体験を通じて、人間の人格形成の基盤は、だいたい幼児期までに形づけられ、 その後の環境や教育によっても変わることはなかなかむずかしいということを痛感していました。
そんなときに、関東大震災(1923年9月1日)に遭遇し、 罹災した家庭の乳幼児の救済にあたったのをきっかけとして、「乳児保護協会」の創設にふみ切ったのです。
当時の「乳児」という言葉は、今の「幼児」も含んでいます。
また、その「保護」という言葉は、今の「福祉」を意味しています。
当時は、まだ、社会一般の乳幼児の問題に対する関心はきわめて薄く、 国や地方公共団体による施策も十分ではありませんでした。
そのような時代にあって、当協会は乳幼児の福祉のための先駆者としての役割を果たしたのです。
それから、ほぼ100年が経過しました。
本協会は、その間、戦争や災害など多くの社会的激動を乗り越え、 一貫して児童の健全な人格形成を目指し、乳幼児の保健と育児の相談及び母性の指導に当たってきました。
第二次世界大戦前から巡回看護婦による家庭訪問指導や貧困家庭の乳幼児に対する物的援助を行い、 終戦後は農園と牧場を経営して乳幼児保健のための食糧と牛乳の不足に備え、 無医村の無料巡回と診療を実施するなど、それぞれの時代の社会的要請に対応してきたのです。
その後、ようやく乳幼児対策の重要性が一般に認められるようになりました。
本協会は、創設者の創立理念を継承し、長年の伝統と経験を生かしながら、 児童が個人として尊重され、心身ともに健やかに育つよう支援する保育所の設置運営を推進し、その社会的使命を果たしていきます。

社会福祉法人乳児保護協会 本部

協会の沿革

Copyright © 2019 社会福祉法人乳児保護協会 All Rights Reserved.